Nakajima整骨院中島裕之のブログ

横浜市のNakajima整骨院は、桜木町周辺でプロアスリートが使用するインディバアクティブや酸素カプセルなど急性外傷の治療に実績がある整骨院です。腰痛、肩こり、交通事故治療やむちうちにも効果的な施術を提供。

動的安定性トレーニングの漸進

https://www.instagram.com/p/BkAewElAiDG/

動的安定性トレーニングの漸進(初心者アスリートのためのコアの動的安定性プログラムは、静的サーフェス上での基本的な姿勢安定性と感覚機能を活性化するエクササイズから始めることを検討すべきであるとされている)最新研究のレビューでは、初心者アスリートのためのコアの動的安定性プログラムは、静的サーフェス上での基本的な姿勢安定性と感覚機能を活性化するエクササイズから始めることを検討すべきであるとされている。例えると、四足歩行すなわち「ビッグドッグ」エクササイズや横隔膜呼吸などがある。これらのエクササイズは、主に持久力と運動コントロールを要求する「低閾値」の姿勢運動で構成されている。これらのエクササイズのもうひとつの目的は、ニュートラルな脊椎姿勢を保持しながら、体幹と腰部の深部筋群を活性化することである。中級レベルの青少年アスリートは、安定性と筋持久力および反応性のエクササイズを通じて漸進させる必要がある。コアエクササイズを行うことで安定性と筋力を漸進させる多数の方法があり、コアの筋力と安定性を向上させるために研究された一般的なエクササイズの中には、プランクのバリエーション(フロント、サイド、リバース)やブリッジエクササイズなどがある。これらのエクササイズは、大部分がニュートラルな脊椎姿勢で実行され、それは青少年スポーツの特徴とされるスピードや方向転換中の姿勢でもある。これらのエクササイズは、不安定なサーフェスを加えることにより、アスリートをさらに高い課題に挑戦させることができる。パフォーマンスが進むにつれて、機能的なエクササイズは筋力とパワーの要素を漸進させる。#動的安定性 #パフォーマンス #コア #体幹 #閾値 #エクササイズ #トレーニング #サーフェス #脊椎 #持久力 #機能的 #青少年http://nakajima-bonesetter.com/blog/post-13453